事件から考える日本でのオンラインカジノの違法性

オンラインカジノの法律上のスタンス

オンラインカジノは、様々な会社が運営していますが、その中でも大手のオンラインカジノは、国や自治体から運営許可証をもらって運営しています。
つまり、法律上、認可された状態でオンラインギャンブル行っているのです。そのため、オンラインカジノを運営している会社が、ギャンブル行為を取り仕切っているとしても、そこに違法性は全くありません。
ただし、日本国内ではオンラインカジノは認可されてないので、日本人がオンラインカジノで遊ぼうと思えば、海外で認可を受けて運営しているオンラインカジノのサーバーにアクセスし、ゲームを遊ぶという形になります。
ここで問題なるのが、日本国内の法律でそれを取り締まるのかどうか、という部分です。運営会社やオンラインカジノ自体は海外にサーバーがあるので、海外の法律上は何ら問題はありません。しかしプレイしているのが日本人で、プレイしている場所が日本ということは、日本の賭博法がその人に適用される可能性があるということなのではないのでしょうか。

オンラインカジノに関する事件

日本では、2016年にオンラインカジノに関する事件が三つ起きました。一つは、オンラインカジノでプレイヤーが支払ったお金を管理する会社の逮捕者が出たという事件、一つは、日本国内にオンラインカジノのサーバがあり、運営会社が逮捕されたという事件、そしてもう一つが、オンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事件です。これからオンラインカジノをプレイしようか迷っている方が気になるのは、最後のプレイヤーが逮捕されたという事件ではないでしょうか。
実際には逮捕されましたが、有罪にはならなかったので、違法だったとは言い切れませんが、逮捕されたということ自体、これからオンラインカジノで遊ぼうという方には少し躊躇してしまう材料になりますよね。日本はオンラインカジノが普及していないとはいえ、たくさんの方がプレイしています。
なぜこの事件では、プレイヤーが逮捕されてしまったのでしょうか。

気をつけなければいけないオンラインカジノ

プレイヤーが逮捕されてしまったということで話題になったスマートライブカジノ。
このサイトは、サーバーが海外にあり、他の大手のオンラインカジノと同じような運営をしていました。しかし、コンテンツの内容が他のオンラインカジノとは違い、完全に日本人に特化した内容で運営されていました。ディーラーが日本人で、プレイヤーもほとんどが日本人。そして日本語でチャットが可能であったり、完全に日本人向けのサービスとして検察側が受け取ったです。
そのために逮捕されたと言っても良いでしょう。もし日本人がオンラインカジノで遊ぶのであれば、日本人向けに特化したこのようなサイトで遊ぶのは控えた方が良いでしょう。

不起訴の勝ち取り・・・オンラインカジノプレイヤーの件 (賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ)