オンラインカジノの公平性

オンラインカジノはイカサマをする必要がない

オンラインカジノという言葉を聞くと、「イカサマされるんじゃないか」「だまされるのではないか」と思ってしまうことが多いと思います。しかし、実際にはそんな心配をする必要はほとんどありません。なぜなら、カジノにはイカサマをする必要自体がないからです。オンラインカジノに限らず、カジノというものは、ゲームのルールが、若干ですがディーラーに有利になるように設定されています。そのため、公平かつ公正にゲームを行ったとしても、ディーラー側が少しだけ儲かるような仕組みになっているのです。
逆に、不正を行ってそれがバレてしまったり、「プレイヤー側の負けが不自然に多い店だ」という評判が立ってしまえば、お客さんが集まらなくなり、逆にお店自体がつぶれてしまいかねません。
まずはお客様の信頼を非常に大切にするのがカジノです。そのため、一時的な儲けに走れば別ですが、長期間の視野でオンラインカジノの運営を行う場合は、イカサマをすることはマイナスにはなりますが、プラスに働くことはほとんどないのです。

サーバーの置かれている国からライセンスをもらっている

オンラインカジノという事業は、誰でも気軽に始められるものではありません。サーバーの置かれている国の審査を経て、ライセンスを取得しなければ事業を展開することができないのです。
さらに、定期的に第三者機関の審査を受けながら、「公平にゲームが運営されているか」「払戻率におかしなところはないか」ということをチェックされ、その監査に通った事業者だけが、ライセンスを継続して持ち続けることが可能なのです。
基本的に国が認可しているものなので、そこがイカサマをしてしまうと、その国の信頼の失墜にもつながります。そのため、認可を受けるための監査は、基準が非常に厳しいといわれています。
このような管理体制にあるため、イカサマを行うことは技術的にも不可能に近いのです。

唯一注意が必要なケース

世界中には、数千ものオンラインカジノが存在し、そのすべてが国の監査を受けているわけではありません。監査を受けていないということは、何らかのイカサマが行われる可能性もあるということです。
もしオンラインカジノで遊ぼうと考えているのであれば、大手のカジノを選びましょう。そうでない場合は、そのオンラインカジノがしっかりと国からライセンスをもらって運営しているのかを確認してください。
中には、勝たせないように不当なプログラムを使用していたり、払い戻しに応じず、お金を持ち逃げしたり、個人情報を漏えいさせたりと、非常に悪質な被害を出すケースもあるようです。