オンラインカジノならではの変わり種ブラックジャックをご紹介

カジノの定番ゲームであるブラックジャックは、オンランカジノでもたくさんの種類を取り揃えており、初心者は何が違うのかちょっと混乱してしまうかもしれません。
オンラインカジノには、ランドカジノにあるようなベーシックなブラックジャックだけでなく、オンラインカジノ独自のアレンジを加えたブラックジャックも多くあります。
オンラインカジノで独自の進化を遂げたブラックジャックで、自分のテクニックを試してみるのもいいかもしれません。
ここでは、オンラインカジノならではの変わり種ブラックジャックを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

パワーブラックジャック

パワーブラックジャック
オンラインカジノでギャンブル性が激高のブラックジャックを求めている方は、ぜひこのパワーブラックジャックをプレイしてみてください。

このパワーブラックジャックには、普通のダブルダウンに加え、なんと「トリプルダウン(3倍)」「クアドラプルダウン(4倍)」を使うことができるオンラインカジノのブラックジャックです。
ちなみにダブルダウンというのは、ブラックジャックでプレイヤーが使えるアクションで、それまでに配られたカードを見極め、次のカードで勝てそうなときにこれを使うこと、ベット額を一気に倍に引き上げることができます。

ただしダブルダウンを使ったあとは、一回しかヒットできないので注意が必要です。
ダブルダウンだけでもかなり凄いですが、さらにその上を行くトリプルダウンとクアドラプルダウンは、まさにハイリスクハイリターンを象徴するかのようなアクションで、まさに一獲千金を狙えるゲームとなっています。
またほかの特徴としては、「9」「10」のカードは使用しないルールとなっていて、これによりブラックジャックが揃いにくくなっているほか、8デッキ(416枚)を使用するため、カードの予測が難しくなっています。

ダブルエックスポージャーブラックジャック

ダブルエックスポージャーブラックジャック
オンラインカジノで遊べるダブルエックスポージャーブラックジャックは、ディーラーの手札が2枚とも全部丸見えの状態でプレイできるという、プレイヤー側が圧倒的に有利なブラックジャックです。
一般的なブラックジャックの場合は、1枚だけカードが見えるようになっており、これを確認しながらプレイヤーは次のアクションを選びますが、このダブルエックスポージャーブラックジャックは最初から2枚とも丸見えです。

ブラックジャックのゲーム性を根底から覆してしまうようなアレンジで、プレイヤーが絶対に勝ててしまうように思えますが、ほかのルールもかなりアレンジされていて、ダブルダウンはハンドが9~11のみ限定、スプリットが一回のみなど、プレイヤーに不利な条件が課せられうまくバランスをとっています。

さらに一般的なブラックジャックでは、引き分けた場合はベット額が返金されますが、このダブルエックスポージャーブラックジャックは、引き分けた場合はすべてディーラーの勝ちとなるため、ベット額は没収となってしまいます。
ディーラーの手札が全部丸見えという圧倒的に有利な条件がある一方で、制限やデメリットも多いので、これらを把握しながらプレイすることが求められます。

ブラックジャックパーティー

ブラックジャックパーティー
オンラインカジノで遊べるブラックジャックパーティーは、2人のディーラーが登場するとても賑やかなブラックジャックです。
ブラックジャックのルールはごく一般的なものですが、進行役のディーラーが男女2人組みで、ゲーム中にまるでトークショーのようにずっとお喋りしていて、パーティー会場で遊んでいるかのような気分になれます。
会話の内容はディーラーによってバラバラで、まさに雑談のような感じもあれば、ゲームに関するものあり、とにかくサービス精神が旺盛で楽しい雰囲気が伝わってきます。

当然ですがディーラーの会話は英語なので、ヒアリングが苦手な方は内容を理解するのが難しいかもしれませんが、ガヤガヤと賑やかな雰囲気は、まるで本場のランドカジノにいるかのような気分にさせてくれます。
孤独に淡々とプレイするのもいいですが、ディーラーのお喋りを聞きながらのブラックジャックもなかなか楽しいです。

まとめ

オンラインカジノならではの変わり種ブラックジャックを3つ紹介してきましたが、気に入ったブラックジャックは発見できたでしょうか?
「パワーブラックジャック」は、配当が4倍に跳ね上がるクアドラプルダウンがあり、一獲千金を狙えるギャンブル性の高いブラックジャックです。
「ダブルエックスポージャーブラックジャック」は、ディーラーの手札がすべて丸見えというメリットがある一方で、引き分けた場合はディーラーの勝ちとなるなどのデメリットもあります。
「ブラックジャックパーティー」は、2人のディーラーによる漫才のようなトークショーが楽しめるブラックジャックです。

どのゲームも基本ルールは一般的なブラックジャックなので、迷わずに遊ぶことができます。
ちょっとオンラインカジノで疲れてしまったときなど、気分転換にこれらのブラックジャックで遊んでみはいかがでしょうか?

ネットカジノが違法なイカサマ行為をしていない理由

ギャンブルの世界にはイカサマが付き物ですが、ネットカジノではイカサマやその他様々な不正行為は一切していません。
もちろんそれは正規ライセンスを取得している合法ネットカジノに言えることで、違法ネットカジノではイカサマは普通に行われています。

合法のネットカジノでしたら、イカサマによりお金を騙し取られることはありませんのでご安心ください。

「でも実はこっそりと違法なイカサマをしてるんでしょ?」と疑心暗鬼になってしまう方も多いかと思います。

そこで今回は、ネットカジノが違法なイカサマ行為をしていない理由について詳しくご紹介していきたいと思います。
「していない」というよりも、「できない」と言った方が正しいのかもしれません。

ライセンスを剥奪されてしまう恐れ

ライセンスを剥奪されてしまう恐れ

ネットカジノを運営するためには、ネットカジノ合法国政府が発行するライセンスを取得する必要があります。

例えばマルタ共和国、キュラソー、ジブラルタル、カナワケ、フィリピンなどが有名で、これら国が発行するライセンスは、国際ライセンスとなります。
国際ライセンスである以上、安易に発行するわけにはいかず、非常に厳しい審査を行っており、また多額の費用も必要です。

そしてライセンス取得後も、ネットカジノでイカサマなどの不正行為が行われていないかを常にチェックしているのです。
万が一不正行為が発覚すると、即座にライセンスを剥奪され、二度とネットカジノを運営することができなくなってしまいます。

日数をかけて厳しい審査を通過し、さらに莫大な費用をかけて取得したライセンスが無駄になることだけは絶対に避けなければいけません。

イカサマがバレた時の損失は莫大です。
そのことから、ネットカジノでは違法なイカサマ行為はできないのです。

ソフトウェアは別会社が開発

ネットカジノでイカサマをするためには、ソフトウェア(ゲーム)そのものをいじる必要があります。
ライフゲーム、テーブルゲーム、スロットゲームなど全てソフトウェアを使っており、これら全てはネットカジノ運営社ではない、別会社が開発しています。

そのため、ネットカジノ運営社がイカサマできるような細工をすることはできないのです。

万が一細工ができたとしても、監視により必ずバレてしまいます。
「ソフトウェア会社がグルになれば簡単じゃん!」と思われるかもしれませんが、ご安心ください、それも一切できません。

ソフトウェア会社では第三者機関によって監視されており、開発段階で何かしらの細工をすることはできないのです。

乱数発生器(RNG)の導入

乱数発生器(RNG)の導入

ほぼ全てのソフトウェアには、RNGと呼ばれる乱数発生器が使われています。
RNGというのは、1秒間に数十億回の乱数を発生させ、ゲームの結果を瞬時に出す装置のことです。

例えばスロットゲームの場合、スピンボタンを押した瞬間に、このRNGによって内部的に結果が出ています。
最近のスロットゲームには、様々な迫力ある演出が組み込まれていますが、それはただの演出であって、スピンボタンを押した瞬間に結果は出ているわけです。

RNGは完全ランダムですので、ネットカジノ運営社が意図的に決めることは絶対にできません。
これがネットカジノが違法なイカサマ行為をできない理由の一つです。

ネットカジノは信頼第一

ネットカジノは信頼第一

ネットカジノは他のギャンブルと比べてペイアウト率が圧倒的に高くなっています。

例えばパチンコや競馬などのペイアウト率は70~80%で、宝くじに至っては40%程度だと言われています。
ネットカジノの場合、ペイアウト率は97%ほどと非常に高く、その分他のギャンブルと比べて勝ちやすいということがわかります。

しかしペイアウト率が高いということは、1人でも多くのお客さん(プレイヤー)がいなければ、収益を確保することができません。
もしネットカジノが違法なイカサマ行為をして、それが噂で広まり、どんどん既存プレイヤーが離れてしまったら… もちろん新規プレイヤーの確保も難しくなります。

高いペイアウト率の中、収益を出さなければいけない状況で、わざわざプレイヤーの信頼を落とすようなことは絶対にしません。
ネットカジノは信頼第一なのです。

まとめ

今回は、ネットカジノが違法なイカサマ行為をしていない理由についていくつかご紹介させていただきましたが、ご納得いただけましたでしょうか?

ネットカジノでは一切のイカサマをしていませんし、することもできません。
時間とお金をかけて取得したライセンスを剥奪されてしまったら、大きな損失を抱えてしまうことになります。

またソフトウェアも別会社が開発していますし、ゲームの結果はRNGによって完全ランダムです。
そして何よりも、ネットカジノは信頼が第一なのです。

このようにネットカジノが違法なイカサマ行為をしていない理由は様々ありますが、それはあくまでもライセンスを所持する合法ネットカジノの場合です。
ライセンスを持たない違法ネットカジノでは、堂々とイカサマ行為が行われていますのでご注意ください。

新感覚オンラインRPGカジ旅の違法性合法性

オンラインでRPGをしながら楽しめる「カジ旅」とは?
カジノで有名なアメリカやモナコ、マカオといった本場に行かなくても、自宅のインターネットからいつでも遊べることが魅力のオンラインカジノ。

「オンラインってことは、仮想のお金やメダルを掛けて楽しむの?」と思う人もいるかもしれませんが、海外のカジノと同様に本物のお金を掛けることができるのが特徴です。
最近では、オンラインカジノにRPG要素を組み合わせた新しいタイプのカジノ「旅カジ」が流行っているそうです。

RPGと聞いて想像するのは、ドラクエやポケモン、ファイナルファンタジーといったシリーズ。キャラクターが冒険したり戦ったりして物語を進めていくのが共通点ですよね。

これらのRPGとカジノ……
この組み合わせは今まで想像したことがありませんでした。
一体どんな仕組みになっているのでしょうか?

オンラインRPGカジ旅の仕組みを解説!

オンラインRPGカジ旅の仕組みを解説!
サイトに入ると、アニメに出てくるようなキャラクターたちが出迎えてくれるので、日本から始まったものだと思っていましたが、「カジ旅」は北欧から生まれたオンラインカジノだそうです。
日本語にも対応しているみたいなので、英語がわからなくても安心!

はじめの登録を済ませたら、RPGの醍醐味でもあるアバターを決めます。
かわいい系からかっこいい系、よくわからない格好のもの、ちょっとセクシーな女の子など… アバターの種類はなんと20以上もあるのだとか。

自分の見た目に似ているものや、RPGならではの現実離れしたものなど、選ぶときもわくわくしそうです!

今回ご紹介する「カジ旅」では、4つの王国が用意されていて、どこの王国で遊ぶかも事前に決めることができるみたいです。

「カジ旅」のおもしろいところは、ただ単にカジノを楽しむだけでなく、ストーリーを進めるごとに登場する敵を倒せること。
敵を倒すとアイテムをゲットできるのも、RPGっぽい!

アイテムを集めるとボーナスステージに挑戦することもできるそうです。
もはやカジノではなく、本格的なRPGですね。

ほかにも注目したいポイントは、世界各国のロトに挑戦できること!

自宅にいながらRPG感覚でオンラインカジノを楽しめるだけでなく、ロトランド社が販売している各国のロトを購入することができるそうです。
しかもなんと、これはオンラインカジノ業界では初めての試みとのこと!

一度は挑戦してみてもいいかもしれません。

気になる旅カジの違法性合法性は?

気になる旅カジの違法性・合法性は?
RPG感覚で楽しそうとはいえ、「旅カジ」の違法性は気になるもの。
せっかく遊ぶなら、不安な気持ちを抱えたままでは全力で楽しめませんよね。
「旅カジ」の違法性・合法性についても調べてみました。

そもそもオンラインカジノが違法か合法かは、現在の日本の法律では明確に判断することができません。
というのも、国内の多くの専門家から「オンラインカジノはグレーゾーン」と考えられているからです。

しかし、「カジ旅」の公式サイトでは、ライセンスを取得した企業が運営していると記載されています。
カジノ運営に必要なライセンスは取得が難しく、不正の有無やサポート体制などの厳しい項目をクリアした企業だけが手に入れることができるのです。

そういう意味では、運営している企業の健全・安全性は保障されていて、かつ詐欺や不正に合うリスクも回避できますね。
さらに、ゲームそのもののサーバーもカジノが認められている国、すなわち海外にあります。

つまり、オンラインカジノ「カジ旅」は合法です。

本場ヨーロッパのオンラインカジノが取得しているカジノライセンスなので、プレイしても問題ありません。
安心して登録できると言えます。

正規ライセンスを取得しているカジ旅

正規ライセンスを取得しているカジ旅は違法ではない
正規カジノである「カジ旅」をプレイしても、違法だから逮捕されることはないとわかりました。

とはいえ、過去に正規ライセンスを取得していない、違法なオンラインカジノを楽しんだプレイヤーが逮捕される例もありました。
違法カジノや違法オンラインカジノに参加した場合は、従来どおり賭博罪が適応されて逮捕されるという事実は変わらないことから、運営会社が正規ライセンスを取得しているかどうかを確認するのは不可欠です。

日本ではまだまだなじみのないカジノですが、IR整備法案……いわゆるカジノ法案が成立されたこともあって、これからカジノに対する認識や考えも変わってくるのではないでしょうか。

将来的に、日本にもカジノが誕生する可能性は大いにありますし、そうなるとオンラインカジノが国内で合法化される可能性も出てきます。
カジノに興味がある人からすると、その日が待ち遠しいことと思います。

おわりに

今回の記事では、「カジ旅」の違法性・合法性についてご紹介しました。
カジノは今や本場に行かなくても、自宅のパソコンからプレイすることができる時代。

正しい知識を持つことで、たくさんの人にオンラインカジノを楽しんでもらいたいです。

着実に人気を伸ばしているシンプルカジノとは

カジ旅の運営会社が運営するオンラインカジノ

カジ旅の運営会社が運営するオンラインカジノ

今じわりじわりと人気を高め、オンラインカジノ業界にその名を広めているのがシンプルカジノです。
シンプルカジノはサイト名が表しているとおり、シンプルにカジノギャンブルを行うことに重点を置いています。

オンラインカジノ経験者ならご存じかと思いますが、オンラインカジノはメニュー一つにしても多くの項目があるので、ゲームプレイまでのプロセスが面倒に感じることもあります。

シンプルカジノは、そうしたオンラインカジノにおける様々な項目をできるだけシンプルにまとめ上げ、実際にゲームをプレイするまでのプロセスを簡略化しているので、ログイン後素早く自分の遊びたいゲームに辿り着くことができます。

こうしたゲームプレイのしやすさが特徴シンプルカジノですが、オンラインカジノの中でも特別個性的なカジ旅の運営会社により運営されています。

カジ旅はオンラインカジノにRPGの要素を取り入れ、カジノギャンブルだけでなく、RPGも楽しめるというオンラインカジノです。
シンプルカジノの方向性はカジ旅の真逆を行っていますが、カジ旅という遊び方が豊富なオンラインカジノを運営している運営会社だからこそ、本当の意味でシンプルな楽しみを表現することができています。

そして、カジ旅はマルタライセンスを取得していましたが、シンプルカジノはマルタライセンスに劣らず高い信頼性を持ったキュラソーライセンスを取得しています。

キュラソーライセンスの取得もソフトウェアのチェックだけではなく、運営会社内部に対しても厳しいチェックが入りますので、キュラソーライセンスを取得していれば安全性に関しては問題ありません。
このように安全性への問題がなく、安心して利用できるというのもシンプルカジノが人気を呼んでいる理由です。

人気のゲームがしっかりと揃えられている

人気のゲームがしっかりと揃えられている

シンプルカジノが追究しているシンプルさはゲームの内容には関係していません。
シンプルカジノは有名プロバイダーが手がける人気ゲームを多く揃えているので、手に汗握る臨場感溢れるゲームをプレイすることができます。

ネットエント、マイクロゲーミング、プレインゴー、プッシュゲーミング、ユグドラシル、エボリューションゲーミングなどオンラインカジノ業界では誰もが知る有名プロバイダーとライセンス契約を結んでいるため、今話題となっている最新ゲームから王道のベストセラーゲームまで人気の高いゲームばかりが並べられています。

しかもそのゲームの数は1500を超えているので、必ず自分好みのゲームを見つけることができます。
そして、こうした多くの有名プロバイダーと契約を結べるというのもシンプルカジノが信頼できるオンラインカジノであることを証明しています。

有名プロバイダーと契約を結ぶにはそのオンラインカジノが安全性が高く、信頼できるサービスを提供していなければいけません。

万が一、ゲームを提供したオンラインカジノで不祥事などが起きてしまうと、ゲームを提供したプロバイダー側にも影響が及ぶ可能性がありますので、プロバイダー側はよくよく相手を判断し、問題ないと判断した上で契約を交わします。

シンプルカジノはいくつもの業界を牽引する有名プロバイダーと契約しているので、この点からもシンプルカジノの安全性、サービスクオリティの高さを知ることができます。

最大1000ドルの魅力的なリベートボーナス

最大1000ドルの魅力的なリベートボーナス

シンプルカジノはオンラインカジノの中でも珍しく、入金額に応じてもらえるウェルカムボーナスがありません。
ウェルカムボーナスはオンラインカジノのボーナスの中でもっとも大きなボーナスなので、どこのオンラインカジノもウェルカムボーナスに力を入れています。

以前はシンプルカジノも100%ボーナスを最大300ドルという内容のウェルカムボーナスを採用していたのですが、そのウェルカムボーナスは去年で2019年で終了しています。
それではシンプルカジノのボーナスは他のオンラインカジノよりも魅力がないのかというとそれは違います。

現在シンプルカジノではリベートボーナスというオンラインカジノプレイヤーの中でもVIPに与えられる特別なボーナスを提供しています。
リベートボーナスとはゲームに賭けた金額に応じて付与されるボーナスのことです。

シンプルカジノでは、1週間に1度、1週間の間にゲームに賭けた金額の0.5%を最大1000ドル分リベートボーナスとして付与しています。
リベートボーナスを受け取る条件はとても簡単で、15ドル以上入金し2ドル以上をゲームに賭けるだけです。

そして、ウェルカムボーナス同様にリベートボーナスを出金するには決められた賭け条件をクリアする必要があるのですが、リベートボーナスの賭け条件はボーナス金額の1倍をゲームに賭けるというものです。
基本的にオンラインカジノのウェルカムボーナスの賭け条件はボーナス金額の20倍から30倍となっています。

つまり、100ドルボーナスをもらうと少なくても2000ドルをゲームに賭けなければなりません。
これだけ大きな額をゲームに使うのは簡単なことではないでしょう。

シンプルカジノの場合はボーナス金額と同じ額をゲームに賭ければいいので、それほど時間も手間もかけることなく、受け取ったボーナスを出金することができます。

シンプルカジノはこういったリベートボーナスを採用していることにより、ボーナス面でも他のオンラインカジノとの差別化を図っています。

業界の発展伸張に欠かせない重要な要素

通勤電車でふと車内を見渡して見ると、スマホやタブレットの画面を見ながら、ゲームをしたりニュースを読んでいる人がたくさんいます。
これもインターネットが普及してモバイルユースを増えたからですが、ゲームの楽しみ方においても、オンラインカジノという今までになかった新しい楽しみ方も出てきました。

インターネットのおかげで可能になった楽しみ方ですが、オンラインカジノが楽しくなったのも優れたカジノゲームが常にメーカーから供給されたからです。
それを支えてきたのが、マイクロゲーミング、プレイテック、ネットエントです。

この3つの企業は、オンラインカジノのゲームを作っているソフトウェア企業の中で、世界中のカジノにゲームコンテンツを供給しているソフトウェア会社の中でも、3本柱に数えられている企業です。

場所や時間の制約に関係なくオンラインカジノに参加できるのも、彼らソフトウェア会社の貢献が大きいのです。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社は、数多いゲームソフトウェア会社の中で常にトップランナーに位置する企業と言ってもいいでしょう。
1994年に創立されたマイクロゲーミング社は、オンラインカジノ業界でトップのゲーム企業としての地位を揺るぎないものにしています。

しかしながらその地位に甘んじることなく、常に攻めの姿勢で多種多様なゲームをリリースし続けています。
その結果、世界中のオンラインカジノやプレイヤーから高い称賛を集めているのです。

イギリスのマン島に本社を設立して以降、オンラインカジノ業界をリードしてきたパイオニア的なゲーム会社として知られています。

同社と提携しているオンラインカジノは、ペイアウト率のオープン性・サーバー安定性・スピーディーな払い戻しの実現など、ユーザーのアフターケアまで含みサポートしているので、固定客を離すことがありませんが、これもマイクロゲーミング社の比類なきバックアップがあるからです。

ペイアウト率の公開では、大手会計事務所の監査結果を毎月公開しているので、その信頼性は折り紙付きです。
それぞれのゲーム結果を確認できること、過去履歴を正しく把握できることも、高い信頼性につながっています。

現在では同社ゲームはすでに600種類を超えており、世界200ヶ所以上のオンラインカジノで採用されています。
ゲームジャンルでは、ダウンロード型だけでなくflash版も用意され、マルチプラットフォームでハイレベルのゲームをリリースしています。

マイクロゲーミング社は、高い技術力を発揮してゲームを開発しているので、ライセンス料や使用料が他メーカーより高い設定となっています。

しかし、カジノと契約締結前に厳正な審査が行われるので資金力が豊富なカジノとしか契約ません。
このことも同社のステータスを高めている要因にもなっています。

ネットエント社

ネットエント社

ネットエント社は1996年にスウェーデンに設立されたゲームプロバイダーです。
多くのオンラインカジノプレイヤーから認知されていますが、同社のゲームはシンプルな作りで誰でも簡単にオペレーションできて人気にあります。

ネットエント社がこれまでリリースしてきたゲームコンテンツは構成がシンプルですが、オリジナリティーに富んでいて、アミューズメント性に定評のある面白い内容になっていることで知られています。
プレイ画面の見やすさも評判が良く、コインのベット表示や獲得している賞金の情報などがすぐに把握できる作りになっているので、初めてプレイする人でも悩まずスムーズに遊べる点も特徴的です。

また、同社のゲームソフトは、アプリをダウンロードすることなくプレイができる点も強みの1つで、世界でネットエント社の名を一気に広めたのも、ノーダウンロード方式によるところが大きいのです。

顧客からの信頼を重視した活動も取り組まれており、ゲーム開発においては、テクニカルシステムテストとナショナルラボラトリーサイエンスという2つの第三者機関の認定も受けています。

乱数発生プログラムの検査で不正なプログラムが混入されてないかチェックを受けていますが、ここで問題がないとみなされて公平性なゲームがリリースできるのです。
信頼の高い同業他社の場合、どちらかの機関の認可を取ればいいのですが、ここにネットエントのゲームに対する強いこだわりが見られます。

プレイテック社

プレイテック社

1999年に創立されたプレイテック社は、グラフィック・サウンド性能の品質が高いことで有名です。
創業以来、常に新しい機能を搭載したゲームで爆発的な人気を集めている、先進的なカジノソフトウェア会社で、本場ランドカジノのゲームも製作しており、世界12ヶ国で3,000人以上のエンジニアスタッフを擁する、グローバル展開しているゲーム企業です。

日本では、そのゲームの8割が同社製と言われており、国際金融センターとしての機能持っているイギリスのマン島で設立されてから、目覚ましい躍進の結果、2006年にロンドン株式市場に上場を果たしています。

プレイテック社が提供しているソフトは、グラフィックとサウンドの両面でハイクオリティーを実現しているために、プレイヤーからすると構成がシンプルでも、とてもプレイしやすい印象を与えています。
オンラインカジノのゲームで有名になったのはマーベルシリーズで、アメコミキャラが表示されているスロットは、プレイテック製が大半であると思ってもいいくらいです。

同社は、スロットゲームだけでなく、ビデオポーカー、テーブルゲーム、ライブカジノゲームのシステムまでオールラウンドでコンテンツを作っていますが、実際にプレイするとスロットでもビデオポーカーでも、そのインパクトの強さに必ず引き込まれてしまいます。

多大なる人気の裏に高配当あり

オンラインカジノと他のギャンブルの違いはいくつもあります。
むしろ、その違いの部分が多くのユーザーから支持を集めているといっても過言ではないのですが、具体的にどのような違いがあるのか、様々な角度から検証してみるとしましょう。

ユーザーが主役な点

ユーザーが主役な点

オンラインカジノは、いわば「ユーザーが主役」です。
なぜなら、他のギャンブルの場合、ギャンブル側にユーザーが合わせなければなりません。

例えば国内のギャンブルをいくつか見てみると、競馬や競輪を楽しみたい場合、競馬や競輪の開催日でなければなりません。
パチンコであればパチンコ店が営業している時間に足を運ばなければなりません。

宝くじに至っては、発表日まで自分ができることなどありません。
このように、あくまでも業者側にユーザーが合わせる形でした。

しかし、オンラインカジノは24時間365日営業しています。
ましてやオンラインカジノ業者も多数ありますので、自分の好きな時に、好きなオンラインカジノを楽しめます。

更にオンラインカジノはインターネット環境さえあれば場所を問いません。
実際にプレイする・しないは別として、理屈の上では出勤途中の電車、休憩で入った喫茶店、寝る前の布団の中、漫画喫茶などのインターネット環境がある場所などでも、何ら問題ありません。

この自由さこそ、オンラインカジノの強みであると共に、他のギャンブルではできないことです。

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノと他のギャンブルの最も異なる点として、ペイアウトが挙げられるのではないでしょうか。

ペイアウトとは還元率のことです。
ユーザーが支払ったお金から、どれだけユーザーに還元するかを表した数値で、ペイアウトの高さはオンラインカジノの魅力としてもよく挙げられる部分です。

一般にオンラインカジノのペイアウトは95%以上と囁かれています。
この数字だけではピンと来ないかもしれませんが、国内の他のギャンブルを見てみると、宝くじが50%前後、競馬や競輪が70%前後、国内のギャンブルで最も高いとされているパチンコでさえ80%から85%とされています。

このように、他のギャンブルと比べることでオンラインカジノのペイアウトの高さがより伝わるのではないでしょうか。

なぜこれだけ高いペイアウトを実現しているのかといえば、オンラインカジノは他のギャンブルのように、運営に於いて多くの資金を必要としない点が挙げられます。
例えば競馬や競輪の場合、馬やライダーを育てなければなりません。

競馬の場合、馬だけではなく、馬の宿舎なども用意しなければなりませんし、競輪の場合も競輪場を用意しなければなりません。
宝くじの場合、紙券になりますので全国の宝くじ売り場に配送しなければなりませんし、宝くじ売り場の人件費もかかります。

パチンコやスロットの場合、営業時間の光熱費、スタッフの人件費に加えて、借りている場所であればテナント料金も支払わなければなりません。
ユーザーからのお金をそれらに回さなければなりませんので、ペイアウトの数字も決して「自分たちだけ利益を上げる」ためではなく、経費等を差し引いたぎりぎりのラインなのです。

一方のオンラインカジノは、基本的にはプログラムですし、場所を借りる必要はありません。

近年はライブカジノも登場していますが、そもそもオンラインカジノの業者はリゾートビジネス業者もありますので、オンラインカジノのためにわざわざ投資して新しくサービスを追加するのではなく、既に手掛けていた事業をオンラインカジノでも行うだけというケースもあります。

そのような理由から、他のギャンブルと比べると経費がかからないのです。
結果、高いペイアウトを実現すると共に、ペイアウトはユーザーが多ければ多いほど、額面そのものも増えます。

オンラインカジノの評判を聞きつけ、ユーザーが増えれば増えるほど、ペイアウトの額そのものが増えていき、より大きな還元を受けることが可能になります。

世界中で親しまれている

世界中で親しまれている

当たり前と言えば当たり前ですが、国内のギャンブルは日本国内だけでしか楽しめません。
他の国にも同じような業態のものはありますし、特に競馬に関しては国外でも楽しめますが、オンラインカジノは海外にもユーザーを抱えている、国際的な娯楽になります。

ギャンブルは娯楽性はもちろんですが、信頼できるかどうかも大切かと思いますが、オンラインカジノは国際的に大きな支持を集めていますので、安心感もまた、他のギャンブル以上のものがあるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノは他のギャンブルと異なる点がいくつかありますが、それらが魅力に繋がっています。
特に高いペイアウトは、オンラインカジノの「可能性」を秘めている点でもあります。

文字通り「一攫千金」のチャンスが他のギャンブルよりも高いことを意味していますので、興味のある方は一度オンラインカジノを楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。

法や文化の違いが曖昧な状況を作り出す

抱えている社会的問題

オンラインカジノが抱えている社会的問題とは?

オンラインカジノが抱えている社会的な問題とはどのようなものがあるのでしょうか。

オンラインカジノは、優良なオンラインカジノもあれば、実は悪質なオンラインカジノも存在しています。
このようなオンラインカジノに登録をしてしまえば、お金を無駄にしてしまうことになり、また取り返しがつかないことになってしまうこともあります。

数千ものオンラインカジノがありますが、こういったカジノが未だになくなることがないのが問題点です。

こういった悪質カジノが行っているのがスパム行為などです。
ブログのコメント欄にスパム広告が無差別に貼り付けられたり、迷惑メールとしてオンラインカジノのスパム広告が送りつけられることがありますが、これらは全て悪質なカジノのウェブオーナーが行っている行為です。
このようなサイトがある限りスパム行為は防ぎようがないので、社会全体の課題となっています。

また、オンラインカジノの社会問題として、ギャンブル依存症の問題があります。
オンラインカジノは、非常に勝ち負けのリターンが大きいということもあり、ギャンブル依存症が生み出されやすくなっています。

オンラインカジノは、クレジットカードの決済が基本となりますので、現金がなくても使い込んでしまうことが出来ますし、借金をしてまでのめり込む人もいます。
そうなったときに生まれるのがギャンブル依存症です。

ギャンブル依存症は本人の意志では止めることが出来ず、専門機関での治療が必要となってきます。
このような依存症の若者が増えてしまうのはオンラインカジノの最大の問題点となっています。

オンラインカジノとサポート問題

オンラインカジノとサポート問題

オンラインカジノは、パチンコなどのギャンブルと比較しても、入出金にトラブルが発生しやすいという特徴を抱えています。
またサービス産業の中でもひときわサービス意識が低く、客を客とも思わないような対応をされたり、サポートが機能していないという声もあります。

オンラインカジノはまだ歴史が新しく、プレイヤーに対して十分なサービスを提供できていると言い難い部分があります。
もちろん優良なサポートを行っているオンラインカジノもありますが、適当にカジノを選んでしまうとサポートがしっかりとしておらず、トラブルになってしまうこともあります。

オンラインカジノのサービス意識はまだまだ薄いのでこれは課題となっています。

カジノカフェの摘発や逮捕

カジノカフェの摘発や逮捕

オンラインカジノの社会的な問題点として、カジノカフェの摘発が相次いでいます。
このカジノカフェとは、オンラインカジノを違法に日本の国内のネットカフェのような店内で提供しているという違法店であり、もちろん摘発の対象となっています。

オンラインカジノそのものは、海外で合法的に運営されているということもあり、それだけでは摘発の対象とはなりません。

しかし、オンラインカジノを店内で提供をしていた場合、これは賭博罪が成立してしまいます。
オンラインカジノを提供し、そして店内で精算をしているということから、違法性が高いので、けして手を出してはいけません。

また、このようなカジノカフェは、暴力団の資金源となっている恐れもあり、近寄るとトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。
カジノカフェについては、違法性が高いのはもちろんですが、そもそもが違法ですので、公平にゲームが出来るとは考えにくいです。

店側が不正をしていたり、プログラムの改ざんが行われている可能性もあり、もしも勝てなくても文句をいえないという状況になります。
プレイヤーは足を踏み入れるだけでも警察が摘発すれば逮捕されてしまう恐れがあります。

このような違法なカジノカフェが全国で摘発が相次いでおりこれは社会問題となっています。

これからどうなっていくのか

日本でもついにカジノ法案が成立したことにより、オンラインカジノは正式に法律で認められるのではないかとプレイヤーの間でも話題となっていました。
ところが、カジノ法案でも、オンラインカジノに関する記載は一切なく、オンラインカジノは未だにグレーゾーンの位置づけのままです。

オンラインカジノについては、慎重に検討をしていきたいという話し合いが行われましたが、特に禁止とされることもなく、合法となることはありませんでした。
このことから、今後日本ではオンラインカジノは正式に解禁されることにはなりませんでしたが、世界の様子を見つつ、状況を見て日本がこれに対応をしていく可能性はゼロではないと考えられています。

したがってオンラインカジノが今すぐ禁止されてしまったということはありませんのでこれまで通りオンラインカジノで楽しんだとしてもまったく影響はありません。

今後はカジノ法案が成立したことを受け、海外のオンラインカジノが徐々に日本国内にも浸透していくことは間違いありません。

カジノのスロットにプレイヤーが集う理由

はじめに

オンラインカジノでは、スロットマシンが代表的なゲームと言えます。
そこで、オンラインカジノならではのスロットマシンの特徴や面白さについて述べていきたいと思います。

その他にも、日本に住んでいると、繁華街でパチスロと呼ばれるスロットマシンを多く見かけますが、日本で馴染みがあるパチスロと、オンラインカジノのスロットマシンとの比較や違いについても触れたいと思います。

スロット利用者は多い

スロット利用者は多い

オンラインカジノのスロットマシンの特徴を説明すると、一番大きい特徴は利用者がとてもたくさんいる点です。
スロットマシンというのは、基本的に絵柄を合わせるためにボタンを押すというかなりシンプルなゲームです。
シンプルなゲームですから、利用者の数は多くなります。

この利用者が多いということは、スロットマシンにさらに大きな魅力を与えることになります。
利用者が多いと多くのお金がスロットマシンのゲーム内で動きますから、スロットマシンの還元率が高くなります。

これは簡単に説明すると、スロットマシンで大きな金額を稼げる確率が高くなるということです。

スロットマシンは外国語を使わずに利用できる

オンラインカジノのスロットマシンを遊ぶためには外国語を知っている必要がありません。
オンラインカジノの他のゲームでは、外国語で会話をしたりするコミュニケーションが必要になる場合があります。

また、オンラインカジノは海外のサイトですから、会話などのコミュニケーションが必要ではなくても、サイト内の情報が日本語で説明されていることは少ないです。

海外のオンラインカジノの多くは、世界の公用語である英語が使われていることが多いのですが、そうすると日本人がオンラインカジノを利用するためには、ある程度の英語の理解力が必要です。
ですが、スロットマシンは英語などは使わず、ボタンを押して絵柄を揃えるというシンプルなゲームなので、必死に英語を理解する必要はなく、安心して遊べます。

また、海外のサイトであるオンラインカジノで遊ぶための準備では、主に英語サイトでの英語の登録作業が多いので、登録作業が済んでスロットマシンで遊ぶ時は、英語サイトであることを気にせずにゲームに没頭できます。

パチスロとの違い

パチスロとの違い

日本ではパチスロと呼ばれるスロットマシンが、公営のギャンブルとして遊ばれています。
パチスロとオンラインカジノのスロットでは何か違いがあるのでしょうか?

まず、オンラインカジノのスロットに比べると、日本のパチスロは仕組みが複雑という特徴があります。
パチスロには多くの種類があり、ある程度規模の大きい店だと、かなり多くのパチスロ台が置かれています。

そして厄介なことなのが、多くあるパチスロ台の中には当たりやすい台とそうでない台があります。
パチスロは基本的には普通のスロットマシンと大きなルールの違いはないのですが、台による違いという日本特有のようなルールがあります。

日本でパチスロを遊ぶ前には、当たりやすい台を探さなくてはいけないのです。そんな日本の特有さが好きな人も多いのですが、スロット初心者には分かりづらいことです。

一方、オンラインカジノのスロットでは、台によって当たりやすいということはありません。

オンラインカジノのサイトを開くためには、国などから審査を受けなくてはいけないのですが、スロットの台ごとに当たる確率の違いがあると、審査に通りません。

審査をする方としてはサイト運営者が当たる確率をいじっていると、フェアではないイカサマをしていると見られてしまいます。
そういうわけで、オンラインカジノのスロットはきっちり公平な確率で当たりが出るようにしてあります。

スロットは大金が稼げる

スロットは大金が稼げる

オンラインカジノのスロットは利用者が多いので非常に稼ぎやすく、オンラインカジノのスロットの1番の魅力はこれになるでしょう。
そして多くのプレイヤーにとって、具体的にいくら稼げるのかが知りたいと思いますが、大きな当たりがあると何十万円や何百万円が稼げると言われています。

日本のパチスロだと、稼げる最高額は20万円台という話なので、かなり桁が違うことになります。

さらに、ジャックポットという賞金が当たることがあるのですが、この場合だと何億円も稼げると言われています。
ジャックポットの確率は流石に低いと思いますが、魅力的なボーナスが数多くあることが、オンラインカジノのスロットの特徴です。

スロットの注意点

オンラインカジノのスロットの魅力ばかり話してきましたが、ここでは注意点の話をしていきます。
オンラインカジノのスロットというのは、インターネット上で手軽に遊ぶことができます。

そしてスロットですので、勝ち負けが出るまでの時間がかなり早いです。

短い時間で遊べるのはいいのですが、短い時間では物足りない気がして何度もスロットをやってしまう場合があります。
そうすると、短い時間で大金を失う可能性があります。

インターネット上で手軽に遊べるからこそ、慎重に遊んだほうが良いと言えます。

それから、オンラインカジノのサイトを開くためには、厳しい審査が必要だという話をしましたが、中には審査を通っていないで、違法に運営しているオンラインカジノがあります。
オンラインのスロットは気軽に遊べるゲームですから、他のオンラインカジノのスロットも見たくなるかもしれませんが、違法運営のサイトには注意しましょう。

悪質行為を行うオンラインカジノも存在する

悪質なオンラインカジノが存在する

悪質なオンラインカジノが存在する

オンラインカジノというと、優良なカジノばかりなら良いですが、実は残念ながらそういったことはありません。

オンラインカジノはまさに玉石混交な状態となっています。
つまり、優良オンラインカジノももちろん存在しているのですが、悪質なオンラインカジノも存在しています。

このようなサイトに登録をしてしまうと、詐欺まがいな行為を行っていることもあり、プレイヤーは大損をしてしまうことになります。
オンラインカジノは、数千というサイトが世界中にありますが、正しい目でプレイヤーはこれを見極める必要があります。

そこで、悪質なオンラインカジノを見分けるためにはどうすればいいのでしょうか。
具体的にご紹介をしたいと思います。

悪質なオンラインカジノはどんなもの?

オンラインカジノの中でも悪質なオンラインカジノはどのようなものなのでしょうか。
日本語対応のオンラインカジノとしてかつて存在していたお台場カジノといったカジノがありましたが、こちらのカジノは結構有名だったのにも関わらず、2009年に突然閉鎖し未払いのままとなっています。

このように、日本語対応のカジノでも閉鎖してしまうことはあり得るので注意する必要があります。

また、悪質カジノは、払い戻しに基本的には応じることはありません。
払い戻しのサービスに対応をしておらず、サポートに無視をされてしまったり、払い戻しの遅延が生じることになります。

このため、プレイヤーはお金が戻って来ないままになってしまうのです。

そして、バグや不正が多いソフトを使用しており、そもそもライセンスを所持していません。
アカウントを強制ロックされてしまったり、あるいは問い合わせに一切応じず、サポートも反応がないことも多いです。

このようなオンラインカジノに登録をしてしまうと、ストレスが溜まってしまうだけなので、注意をするようにしましょう。

悪質なオンラインカジノに登録をしてしまうとこのような問題が発生するのと、払い戻しされずにお金を損してしまうことになりますので、くれぐれも注意をしましょう。

悪質なオンラインカジノの見分け方

悪質なオンラインカジノの見分け方

悪質なオンラインカジノを見分けるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。
まず、悪質なオンラインカジノを見分けるためには、ホームページをきちんとチェックするようにしましょう。

たとえば、ホームページが安っぽく、誤字や脱字が目立ったり、あとは運営者情報がどこにも載っていない、規約が登録するまで確認できないというような状態の場合は悪質なカジノの可能性が高いです。
規約などは事前に確認できる必要がありますので、どこにも載っていないということは要注意です。

それ以外の点として悪質カジノの場合は、掲示板などでスパム行為が目立つことが多いです。
また、ありえないほどの大量ボーナスで誇大広告を打ち出していたりと、プレイヤーを集めるためのスパム行為を行ってしまうので、くれぐれも注意をしましょう。

日本語対応のオンラインカジノは安全か?

日本人としては、英語だらけで内容が分からないサイトに登録をするよりも、日本語に対応したオンラインカジノについ安心感を感じてしまうので、それだけで選んでしまうこともあります。

しかし日本語に対応しているからといって安心とは限らないのが現状です。
むしろ日本人を狙った詐欺サイトの可能性もあります。

上でも述べた通り、過去には日本語対応のオンラインカジノが突然閉鎖されてしまったというケースもありました。
実際に日本語対応カジノからも不正行為が摘発された事例もこのようにありますので、日本語対応かどうかに関わらず、信頼できるオンラインカジノかどうかをチェックしましょう。

また、日本国内で運営されているようなオンラインカジノは、そもそも違法なカジノですので、くれぐれも注意をするようにしましょう。
このため、オンラインカジノの実績なども含めて総合的に判断をすることがとても大切です。

海外の有名なカジノは安全なのか

海外の有名なカジノは安全なのか

海外の有名なオンラインカジノというと、安心できそうなイメージがあります。
しかし、日本人がこういった海外の日本語対応ではないオンラインカジノで遊ぶのはトラブルも多いので避けておくべきです。

入出金の対応などで、語学力が原因のトラブルが発生することもあります。
このため、海外で人気のオンラインカジノでも、日本人にとって遊びやすいカジノとは限らないので、くれぐれも注意が必要となります。

悪質カジノは時代と共に変わっていく

悪質カジノの一覧のようなものがあれば便利なのですが、実は悪質カジノも優良カジノも、時代と共に変わっていくものです。

その時は優良でも、時代と共に運営者が替わることによって、優良ではなくなってしまうこともあります。
そして、新しく誕生するオンラインカジノも数え切れないぐらいありますので、情報などもプレイヤーが常に最新の情報を見極める必要があるのです。

オンラインカジノの歴史と構図

オンラインカジノの成り立ちは?

オンラインカジノの成り立ちは?

オンラインカジノとは、インターネットを利用してできるギャンブルです。
1994年頃に登場し、現在に渡って大人気となっている画期的なギャンブルです。

インターネットのギャンブルということで、怪しい・イカサマというイメージもありますが、実は合法とされている国の政府から正式にライセンスが発行されて、国から認められて運営されています。
運営している機関も株式市場上場をしているような一流企業ばかりです。

そんなオンラインカジノが誕生したのと同時に、オンラインカジノを運営するために、ライセンスが必要とされるといった法律が可決されました。

これが成立したのが、イギリス連邦の加盟国であるアンティグアです。
そして、インターネットの普及がなければ、もちろんオンラインカジノは普及しないわけですから、それと同時に広がっていきました。

1995年にはWindowsが普及するようになり、爆発的にオンラインカジノが広がりました。

それとほぼ時を同じくして、今では大手のソフトウェア企業として知られているマイクロゲーミング等の企業が、オンラインカジノのソフトウェア開発に乗り出しました。
そんなソフト制作企業とともにオンラインカジノの本格的な開発が始まったのです。

1999年ごろには、マルチプレイヤーシステムや、スロットのジャックポットシステムが導入され、さらにオンラインカジノが盛り上がるようになりました。
登場した当時は数十社程度しかなく、悪質なオンラインカジノもあったのですが、今はクリーンなイメージへと生まれ変わっています。

今では、世界的に有名な企業がカジノ運営を行い、有名映画やキャラクターとのコラボゲームなどが登場したり、後世ライセンスの発行国も20カ国を超えています。

また、ビデオポーカーや、スロット、ルーレット、そしてブラックジャックや麻雀と言った、さまざまなゲームが登場するようになり、楽しく遊べるようになりました。

オンラインカジノの仕組みは?

オンラインカジノの仕組みは?

オンラインカジノは、政府から正式にライセンスが発行されるという形で認められています。
核となるゲームはプログラム開発会社によって、ソフトが提供されています。

さらに、オンラインカジノとプレイヤーの間に立ち、資金の流れの管理を行い決済を取り仕切っている決済会社や、定期的にオンラインカジノの審査を行っている監査機関の存在があります。

このように、さまざまな企業が集まり、オンラインカジノは構成されているのです。

オンラインカジノと監査機関の存在

オンラインカジノは、ライセンスが発行されることで運営が許可されるわけですが、その後はやりたい放題というわけではありません。
これは義務ではありませんが、オンラインカジノは定期的に外部の監査機関である「イーコグラ」等の監査機関によって監査を受けています。

公平なゲームかどうか、またプレイヤーの保護がなされているか、ペイアウト率の調査などをこの監査機関で行っており、厳重に監査をされています。
その結果は、ウェブサイトで正式に公表されており、全てペイアウト率もデータが出ています。

これは、オンラインカジノ会社だけではなく、ゲームのソフトウェア会社も同様に監査を受けることになります。
オンラインカジノは株式市場に上場をしている有名企業が多く、オンラインカジノを運営する傍ら、ダーツやモーターレース、ビリヤードなどのスポンサーを行っていることが多く、知名度が高いです。

従って、オンラインカジノの安全性をプレイヤーに示すために、このような監査を自ら受けています。

もしも安心できるオンラインカジノを探しているのであれば、監査機関の認定を受けているかどうかもホームページでチェックする必要があります。

オンラインカジノと監査機関の存在

決済会社エコペイズとは?

アイウォレットやエコペイズはオンラインカジノで主に採用されている電子決済サービスです。
プレイヤーとオンラインカジノの仲介役を行い資金の管理を行う企業ですが、これらの企業は電子決済サービスとして知名度が高く、海外諸国ではオンラインカジノ以外でもショッピングなどで使われることが多いです。

システム環境とセキュリティに関しては非常に安心感があるのが特徴で、一日に数億円ものやり取りが行われるということもあり、かなり厳重に管理されています。
これは、一種の電子口座のようなもので、オンラインカジノのインターネット上に口座を作成し、そちらで入出金を行うというものになります。

さまざまなオンラインカジノに登録をしていても全てを一本化することができますし、複雑な取引が全てまとめられるのです。
また、一つ一つのオンラインカジノから小切手などで送金をしてもらうのと比較しても、手数料を大きく節約することができます。

システムでプレイヤーの個人情報もしっかりと守られていて安全性も高いので、オンラインカジノを利用するなら、ぜひアカウントを作成しておきましょう。